\最大30日間無利息/
↓詳しくはプロミスへ↓
最短1時間融資 窓口

主婦(専業主婦は不可)OK
学生(20歳以上)OK
(※安定収入のある人)

お金を借りるには

お金を借りるには,どうしたらいい,方法

お金を借りるにはどうしたらいいか?

 

簡単にできる方法なら、カードローンですね。

 

カードローンはスマホから申し込むのが簡単ですよ。

 

カードローンには銀行と消費者金融がありますが、初心者が簡単にできるのは消費者金融系のカードローンです。

 

銀行カードローンは審査が厳しくなっていますので。。。

 

お金借りる具体的な方法は、金融会社の店舗に行く方法以外に、ネットで申し込みする方法や電話をかけて融資を申し込む方法があります。

 

とくに、スマホから申し込むするのは、年齢他社借り入れ額の有無など、3項目程度入れるだけで申し込みが完了できるから、とても簡単です。

 

↓スマホ申込可能カードローン↓

お金を借りるには,どうしたらいい,方法

 

 

プロミスとアコムの借入診断 見本

↓プロミスの診断画面(PC)
お金を借りるには,どうしたらいい,方法
入力項目は、

  1. 生年月日
  2. 年収
  3. 現在のお借入額

の3つだけです。

 

↓アコムの診断画面(スマホ)
お金を借りるには,どうしたらいい,方法

 

ネットで契約まで全部完了する申し込みでも、これにちょっと項目が増えるだけなので、初心者でも簡単に入力できるようになっています。

診断・申し込みはこちら
プロミスで借りる

アコムで借りる

スマホから入力できるカードローンランキング

 

プロミスは
・最短一時間で融資可能
・最大30日間金利0円
・3項目の入力ですぐに診断
・ネットで契約まで可能
・ネットやATMで24時間借入返済OK
・キャンペーンで新規契約で2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる
↓申し込み入口
プロミスに申し込む

 

※アコムはプロミスと同率人気です。
アコムは
・最短一時間で融資可能
・最大30日間金利0円
・3項目の入力ですぐに診断
・ネットで契約まで可能
・ネットやATMで24時間借入返済OK
↓申し込み入口
アコムに申し込む

三菱UFJ銀行カードローンは
・安心金利の銀行カードローン
・銀行口座は不要
・全国の提携コンビニATM利用可能
・借入返済ともにATM手数料無料
↓申し込み入口
三菱UFJ銀行カードローンに申し込む

モビット

 

SMBCモビットは
・電話なし、郵送なしWEB完結が人気
・公式スマホアプリで書類送信
・ネット申し込み後、ローン契約機でカード受け取り可
↓申し込み入口
SMBCモビットに申し込む

みずほ銀行カードローンは
・WEB完結申し込みが可能
・来店、郵送不要
↓申し込み入口
みずほ銀行カードローンに申し込む

 

 

無利息期間を上手に利用しています

お金を借りるには,どうしたらいい,方法

 

消費者金融は何かネガティブなイメージがある人もいるかもしれまえんね。

 

僕も最初はそうでした。そのイメージの原因は、昔の頃のサラ金のイメージで厳しい取り立てや高金利と言った事から来たものでしょう。

 

しかし利息制限法によって上限金利が統一されたので、金融機関によっての上限金利に差があると言うことは無くなりました。

 

最近の消費者金融は無利息期間を設けるなどサービスも充実してきています。

 

一回こっきりの無利息期間が多いのですが、中には1週間無利息を毎月利用できるカードローンがあります。

 

私はアコムのカードローンを利用しています。

 

アコムははじめて利用する人なら無利息期間が利用できます。

 

給料日が1日なので、給料日前にきつくなってきた25日以降の借入しました。

 

それもネットで借り入れできるのでコンビニATMに行かなくても即座に登録している私の口座に入金してくれます。

 

電気料金とガソリン代をクレジット払いにしていますが、その引き落としが27日なのでそれを落とすためにキャッシングして1日の給料で完済しています。

 

毎月借り入れを繰り返すわけでなければ、利息で苦しくなることはありません。

 

私にとってこの使い方が便利だと思っています。

 

スマホから入力できるカードローンランキングへ

 

お金を借りるにはどうしたらいいか 色々な方法

簡単にお金を借りるといっても、方法は複数ありますね。

 

まず、親や友人、彼氏彼女に借りれないかと考える人もいるでしょう。

 

借りる理由や言い訳を考えるのが問題ない方は、こちらの方法でもいいですね。

 

世の中には知り合いから借金をする人もいます。

 

ただしこういった方法は人間関係を壊す発端になることを覚えておかなければなりません。

 

お願いする→承諾をする→実際にお金を都合してもらう。

 

ここまでけっこう時間がかかることも忘れてはいけません。

 

お金を借りたい用事ができたときって、すぐに必要なケースが多いですよね。

 

そういったときは、知り合いに借りる方法は適していません。

 

簡単なのはカードローンで借りることですね。

 

カードローンでもキャッシングでも呼び方は違いますが、だいたい同じものです。

 

キャッシングにはクレジットカードについているキャッシング枠を使う方法もありますね。

 

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融より金利が高いこともありますから要注意です。

 

かえって高くなるようなら、プロミスやアコムなど無利息期間がついている消費者金融系カードローンを利用して、できるだけすぐ返済するようにしたほうが、金利が安くなるケースもあるのです。

 

↓簡単なところはこちら↓

お金を借りるには,どうしたらいい,方法

 

 

銀行からお金を借りる方法

お金を借りるには,どうしたらいい,方法

 

銀行からお金を借りる方法を説明しますね。

 

どこの銀行にも個人向けのカードローンがあります。

 

これを借りるには、銀行の窓口に行く、インターネットで申込みする、などの方法があります。

 

銀行によっては、郵送・FAX・電話も可能です。※銀行によって違います

 

ネット以外の方法だと、申込書に記入して必要書類を用意することになります。

 

ネットはまず申込み→仮審査が先ですね。

 

最初は本人確認書類(免許書など)があればいいです。

 

 

市役所でお金を借りる

お金を借りるにはどうしたらいいですか?簡単にできる方法希望です

 

生活に困窮するほどお金がない方は市役所が頼りになることがあります。

 

市役所で借りることができる方は、最低限の生活もままならない。。という状況に陥っている方です。

 

そんな方は、市役所からお金を借りることができます。※確実に借りれるかは市役所の判断になります。

 

市役所には【生活福祉資金貸付制度】があってこれを利用した救済方法です。

 

借りる方法は、まず市役所に行って相談します。

 

社会福祉協議会の担当者と面談をして、借りれるか、返済はできるかなど話し合います。

 

生活に困っていても返済のめどが全く立たない方は借りることはできません。

 

どんな場合に借りられるかというと、就職して働けば給料で返済できるが、就職するまでの生活費がない、といった場合ですね。

 

この生活福祉資金貸付制度は規定が細かいので、誰でも簡単にお金を借りれるものではありません。

 

借りれるかどうかのハードルはカードローンの審査のようなものですね。

 

わりと厳しい条件がありますが、どうしてもお金がなくて困っている方は市役所に相談してみてください。

 

実際に窓口に相談に行く前にまずは電話で聞いてみるほうがいいでしょう。

 

 

ローン豆知識1

マイカーローン

お金を借りるには,どうしたらいい,方法

マイカーローンとは別名オートローンとも呼ばれ、自動車の購入にかかる費用に対して融資を受けるローンのことをいいます。

 

銀行が提供しているマイカーローンは、利用者が窓口やパンフレット、インターネットを通して申込み、審査が始まります。

 

審査が可決すると、資金が銀行から契約者の預金口座へ振り込まれ、そこから車を購入するにかかる費用を購入先へ振込み、その後は通常のローンと同様、毎月一定の金額を銀行に返済していくこと
になります。

 

銀行によっては、自動車の購入にかかる費用以外にも、免許取得のための自動車教習所にかかる費用や車の車検、修理代にかかる費用などの融資を受けられる場合があります。

 

信販会社または、自動車会社に関わる金融会社が提供するオートクレジットと違い、販売会社は一切の申し込みに対しての関わりがないため、申し込みや契約をする際に書類のやりとりを何度かする必要が出てきます。

 

また、審査に関しても一定の勤続年数や収入が必要であることが前提となってくるので、審査の基準がオートクレジットなどと比べて厳しい場合が多く、審査にかかる時間もオートクレジットに比べると長い時間を要します。

 

メリットとしては、市場金利に準じた変動金利で融資を受けられるため、金利がオートクレジットに比べて低く利用できます。

 

マイカーローンの場合も信託会社や信用保証会社のような機関保証が必要となりますが、これも住宅ローンや学資ローン同様にマイカーローンの審査の可否には前提的に保証会社の可否が必要となります。

 

スマホから入力できるカードローンランキングへ

 

ローン豆知識2

アドオン返済

アドオンとは加算という意味のaddと乗せるという意味をもつonを合わせた言葉で、利息を上乗せして返済するという意味で、自動車や家電などを分割払いで購入する際によく利用されるアドオン返済ですが、アドオン返済は最初の元本に金利をかけて算出し返済回数で割り毎月元本と返済します。

 

アドオン返済の場合は金利が実質金利より低くなるので実質金利の表示が義務付けられているため、年利が同じで、返済回数が同じならアドオン返済の方が支払う利息は高くなります。

 

金利というのは、普通年利のことを呼びそれを12で割ったものが月利と呼ばれますが、アドオン率は年利でもなく月利でもなく支払い期間にアドオン率を乗じれば利息が出せるようになっています。

 

アドオン金利の一つであるアドオン率ですが、各金融機関により掲載されている金利は、アドン年利やアドオン月利と統一されていないため事前に確認する必要があります。

 

メリットとしては、返済金額が分かりやすく返済計画を立てやすいということが挙げられますが、アドオン返済では最初に元本に対しての利息が計算されているので、繰り上げ返済しても効果がなく一括返済したとしても結局は返済総額にかかる金利は最初に支払っているので、最終的な支払い額はあまり変わりません。

 

ただ、アドオン返済で契約している場合もローンの種類の中には、早期返済特約や一括返済が付帯している場合もあるので、将来的に繰り上げ返済や一括返済を考えている場合は契約する際に確認する必要があります。

 

スマホから入力できるカードローンランキングへ